アレクサンドル・ニコラスのプロフィール

40歳のアレクサンドル・ニコラスシェフのルーツはブルターニュです。八百屋の息子であったアレクサンドルは、幼少期のほとんどをランジスの市場で過ごしていました。幼い頃から、彼は農産物の美しさに魅了され、シェフになることを夢見ていたのです。

 

見習いだった頃、アレクサンドルはリュクサンブール宮殿(フランス元老院の議事堂)のキッチンからランカスターホテル、さらにはパリのモンテーニュ通りのラ・メゾン・ブランシュまで、さまざまなことに挑戦しました。こうして彼は、忘れることのない20033月、アラン・デュカス・エンタープライズの一員となったのです。

 

サンダーソンホテルでスプーンサービスに自分の経験と専門知識を投じ、ロンドンのドーチェスターで行われたアラン・デュカスのオープニングに参加した後、彼はパリにあるスプーンフード&ワインとルレ・デュ・パルクへ移っていったのです。

 

しかし、ロンドンでの彼の経歴は終わってはいませんでした。現在、アレクサンドルのシンプルで寛大なお料理への情熱は、彼がエグゼクティブシェフを勤めるブルガリホテル&レジデンス ロンドンにあるレストランリヴェアの舵取りへと彼を導くこととなったのです。