The Lounge ザ・ラウンジ

ホテルのエントランスを入り、ブルガリのプライベートコレクションである現代および17〜18世紀のローマの銀製品を眺めながら歩くと、花崗岩に覆われたラウンジへと導かれます。広々として親しみやすいラウンジの特徴は、ホーニング加工を施した黒花崗岩のフロアと、暖炉にも黒花崗岩とコルテン鋼が使用されていることです。特別なファブリックを使ったイタリア製の椅子とソファーがラウンジのコンテンポラリーなインテリアを完成させており、お越しになるお客様がダイナミックな雰囲気を楽しめる 魅力的な場を提供しています。ラウンジでは「イル・バール」のメニューをご注文頂くことができますが、朝食から軽いランチ、伝統的なアフタヌーンティー、そしてイタリアンのアペリティーボスタイル(※夕方にかけて、食前酒と共にアンティパスト各種を揃えるスタイル)などをお楽しみ頂けます。