ロベルト・ディ・ピント

ロベルト・ディ・ピントは、ミラノのブルガリホテルレストランの新しい総料理長です。

ナポリ生まれナポリ育ちのロベルトの独創的なお料理は、彼の街と地中海料理の歴史的な繋がりを映し出しており、彼のメニューには、ナポリ料理のアイデンティティ、そして家庭の味と伝統の味を未来へ伝えたいという願いが、強く込められているのです。

ケーキにも情熱を注ぐロベルトの料理に対する興味は、とても早くに芽生え、そのキャリアは放課後、毎日のように世界的にも有名で、ナポリの中でも一番と言われるケーキ屋Scaturchioでスタートしたのです。

卒業後、彼はプロとしての旅に出ます。フィレンツェとミラノを経由しながら、ローマからロンドンまで、部門料理長からスタートし、ついに副料理長になったのです。

しかし、シェフ、ジェンナロ・エスポジトとの出会いが、ロベルトの理想とする料理を完成させ、彼のルーツとより深い結びつきをもたらすことになるのです。ジェンナロシェフを見習い、ロベルトはここミラノで地中海料理の大使となることを願っているのです。

ブルガリホテルで過ごした年月に積み重ねてきた経験は、彼の哲学とブランドとしての価値を大きく発展させるものであり、結果的にシェフは、この経験により、プロとしてさらに成長するチャンスを手にします。

素材のすばらしさ、家庭的な香り、そして素晴らしく偉大なイタリア料理への忠実心こそが、ロベルト・ディ・ピントの料理のベースなのです。