デザイン

ジンバブエ産の黒大理石、イタリア・ビチェンツァやトルコ・アフィヨン産の石、チーク材やオーク材 - 空間に漂う厳格さや独特の雰囲気が醸し出す繊細なバランスの中、こうした材料や他の貴重な材料がユニークな質感や色彩の調和を生み出すために組み合わされます。その中では、アントニオ・チッテリオ&パートナーズがデザインした内装や家具がアクセントになっています。1930年代風の素敵な建物に面したマルモリーノ・ストゥッコ(イタリアの漆喰ストゥッコ技法の1つであるマルモリーノ)の白いファサードの特徴は、18世紀当時のオリジナルのファサードと見事に融和する、決して重苦しさのないエレガンスの探求にあります。