ルカ・ファンティン

東京レストランの総料理長ルカ・ファンティンの料理は、お客様の味覚に加えて、視覚的な満足度をも高める見事なバランスを誇ります。そのプレゼンテーションが織り成すお料理の美しさと、香り高さゆえに、お客様の視覚、嗅覚、そして味覚と五感の内の三感を魅了し、贅沢なひと時を演出します。それぞれのお料理がユニークな謂わば「クリエーション」となっていますが、それらはいずれも、彼がこれまでに修行した世界各地の一流レストランで会得したものの集大成と言えます。なお、彼はこれまでイタリア・ミラノの「クラッコ」、同グァルティエーロ・マルケージ氏の「オステリア・デル・オルゾ」、スペイン・サンセバスティアンの「アケラレ」や「ムガリッツ」、また東京の「龍吟」で修行した経験を持っています。東京レストランの総料理長に就任する直前は、イタリア・ローマの三ツ星レストラン「ラ・ペルゴラ」の副料理長を務めていました。