緑のイニシアチブ

緑のイニシャチブ

40年間で最初の新ホテルをロンドンに建てることにより、持続可能なラグジュアリー解釈をめざすパイオニア的建築手法を具体化する機会を得ました。これは、BREEAM に基づいた持続可能なデザインのベストプラクティスにしたがって展開されました。BREEAM とは、BRE Environmental Assessment Method (BRE 環境アセスメントメソッド)のことで、建築のための環境アセスメントメソッドとしては最も先導的で広く使用されているものです。この建物は、建物の構造に組み込まれた地中熱ヒートポンプを利用したイギリスで最初の建物であり、石炭の使用量をかなり減らす効果をもたらしました。環境を考えた屋上緑化も London Biodiversity Action (ロンドン生物多様性行動)の最高水準にしたがって設計され、鳥、コウモリ、ハヤブサのためのサポートボックスも設置されています。他の緑のイニシャチブとして、環境にやさしい輸送形式をサポートするための電気自動車の充電地点の設置や、ハイドパークやロンドンの観光にお客様にご利用いただける20台の自転車を用意したことがあります。