イル バール

メニュー

イル バール

イル・バールのタイムレスなグラムールは、ソティリオ・ブルガリの美しい銀細工の特徴であった打ち出し仕上げに敬意を表して、イタリアの職人が白い金属素材で作り上げた彫刻である中央のバーを中心に展開されています。天井にチタン、床に磨きをかけた黒花崗岩、壁にマホガニー材を使用するイル バールは、ホテルの社交生活に不可欠な存在となっています。

イル バールはロンドンを訪問される方々やナイツブリッジにお住まいの方々にご利用いただける場所としてご好評を博しています。ドリンクや軽食を終日ご利用いただけ、夕方のアペリティフ、カクテル、食後のドリンクなどをお楽しみいただけます。屋外のテーブルはナイツブリッジグリーンのそばにあり、映画『甘い生活』の世界をロンドン風に体験する格好のスペースとなっています。

Menu

連絡先

What's on at the Hotel

New table-side service at Il Bar pays tribute to the incomparable Negroni

An Italian classic since it debuted in Florence in 1919, the Negroni has always held a certain cachet. To pay homage to this most stylish of tipples and Bulgari’s Italian heritage, Bulgari Hotel London is introducing a new table-side drinks service: the Negroni Tray. The sleek mahogany tray is brought right to the table, and includes two ...

もっと読む

ご興味のある可能性があるもの

エドワード・サハキアンのシガーショップとサンプリングラウンジ

国際的に有名で、数々の賞を獲得した葉巻商店であるエドワード・サハキアンが、ブルガリ ホテルにシガーショップとサンプリングラウンジを構えました。珍しいヴィンテージの葉巻をお探しの葉巻通の方々にとっては、ロンドンに真っ先に行く場所となることでしょう。他所では見つけることのできないハバナシガーを専門として、40年以上も前から集められてきたエドワード・サハキアン プライベートコレクションからお届けします。

葉巻のどれ一つを取ってもその産地と状態は非の打ち所がなく、他に類を見ないものです。伝説の Davidoff 80 Aniversario、1986年の Zino Davidoff、創立80周年を記念したキューバ産の Gran Corona、チャーチルサイズの Davidoff Dom ...

検索
リヴェア ロンドン

イタリアと南仏プロヴァンスの生き生きとした市場を何年も回ったアラン・デュカスからインスピレーションをもらったレストラン「リヴェア ロンドン」は、食卓を楽しむリラックスした上品な雰囲気の中でフランス料理とイタリア料理を提供します。形式張らないながらも非の打ちどころがないサービスが自慢です。

アラン·デュカスの愛弟子である料理長アレクサンドル・ニコラスが、レストランの指揮をします。彼は、リヴィエラ海岸の伝統的な味付けと鮮やかな彩りに、シンプルな風味と最高の食材を組み合わせたメニューを提案します。

検索
ラウンジ

ブルガリ ホテル ロンドンでは、ホテルの入口を入り、ブルガリのプライベートコレクションである現代および17〜18世紀のローマの銀製品を眺めながら歩くと、花崗岩に覆われたラウンジに到着します。広々として親しみやすいラウンジは、研磨された黒花崗岩フロア、黒花崗岩とコルテン鋼が使用された暖炉、心地良いイタリアンデザインの家具を特徴としており、しっくりとした雰囲気の心温まる場所となっています。モーニングコーヒー、ライトランチ、伝統的なアフタヌーンティー、スナック、カジュアルなディナーにご利用いただけます。

検索

フォローする