イル リストランテ - ニコ・ロミト

イル リストランテ - ニコ・ロミト


連絡先

イル リストランテ - ニコ・ロミト

ブルガリ ホテル パリのイル リストランテ - ニコ・ロミトは、本質的な材料とイタリア製の文化、エレガンス、活力に狙いを定めて、アルプスの向こう側にあるパリの食事の伝統を再解釈します。ミシュランの3ツ星を獲得したシェフ、ニコ・ロミトにより、レストランのすべての要素が厳選され、親しみやすく魅力的な食事体験が演出されます。わずか26のテーブルが置かれ、パリ風の長椅子とイタリア製の真鍮で装飾されたレストランは、プライベートガーデンにあり、一日のうちのいつの時間でも光にあふれた輝く雰囲気に包まれています。完璧なタッチで練り上げた現代的なイタリアの伝統を見事に新しい視点で表現したイル リストランテは、モダンな料理を再定義し、非の打ち所のないシーンを演出しています。

Reservation メニュー デザート シェアメニュー

Portraits-Bulgari-Hotel-Paris-INTERNET-4

ニコ・ロミトシェフ

ドバイ、北京、上海、ミラノ、パリにおけるイル リストランテ - ニコ・ロミトのイタリアン・コンセプトの担い手であるニコ・ロミトシェフは、ブルガリ ホテルズ&リゾーツの世界に素晴らしい才能と芸術的手腕を持ち込みます。イタリア中部のアブルッツォ州に生まれたシェフは、そのルーツを忠実に守りつつ、大胆でシンプルな感覚でイタリアの味を再解釈し、クラシカルな料理のレパートリーを書き換えてきました。ニコ・ロミトシェフは、ブルガリ ホテルズ&リゾーツとのコラボレーションを始める前に、自らのレストランである「レアーレ(Reale)」でコンテンポラリーなイタリア料理を見事に展開し、ミシュランの三ツ星に輝きました。ニコ・ロミトシェフはイタリアン・グルメにおける几帳面さと名人芸で知られます。そして、ブルガリ ホテルズ&リゾーツに特定して展開してきた大胆なコンセプトは、本質的な材料と「メイド・イン・イタリー」の文化、エレガンス、活力を表現する特徴を中心に据えるものであり、イタリア料理の新しい規範を打ち立てています。ニコ・ロミトシェフは、世界各地のイル リストランテ - ニコ・ロミトレストランで舵を取るシェフの一人一人を直々にトレーニングするとともに、そのメニューを考案しました。彼は、カウンセラーおよびコンサルタントとして活動を続け、各地の台所が万全に機能するように監督しています。

ダヴィデ・カプッキオ、エグゼクティブ・シェフ

トリノ出身のダヴィデ・カプッキオは、若い頃から料理やおもてなしの技術に取り組んでいました。初期の修行時代とミラノのスカラ座にあるレストラン「トルッサルディ(Trussardi)」での仕事を終えた後、彼はパリに移り、ミシュランの星を獲得したシェフ、ジャン・フランソワ・ルーケットやガイ・サヴォイと一緒に仕事をしました。シェフのニコ・ロミトの親友である彼はブルガリ ホテル上海でシェフ・ドゥ・キュイジーヌとして2年間を過ごし、ミシュランの1つ星を獲得しました。

IlRistorante

営業時間

朝食 17:00 AM - 11:00 AM

昼食 12:30 AM - 02:30 PM

夕食 07:30 PM - 10:30 PM

 

詳細については、+33 1 81 72 10 80までお電話ください。または、dining@bulgarihotels.fr まで電子メールでお問い合わせください。


ご興味のある可能性があるもの

###

The Bulgari Bar

待ち合わせにぴったりなブルガリ バーは、メゾンの発展性とエレガンスを体現しています。黒御影石の床、光沢のある天井、真鍮のアクセントにより、現代的で洗練された雰囲気とサヴォワール・フェール(職人技)が、ラッカー仕上げの壁やヴィンテージスタイルの鏡と融合し、演劇性を持つスペースに仕上っています。クラシカルなカクテルは完璧にミックスされています。一口サイズの軽食と前菜がたっぷり出されるイタリア式のアペリティーヴォにより、会食を楽しむ精神と気前の良さのムードが夕方の時間に広がります。

検索
###

ブルガリ スパ

ローマのジュエラーにとって、スパと浴場はブルガリのアイデンティティを示す部分です。スパでは、この独特の伝統とブルガリの卓越さが融合して、比類のない体験が提供されます。2つの階に展開されている1300m2 のスパは、ホテルの宿泊客と地元のお客様が利用できます ...

検索
###

プライベート ダイニング

アントニオ・チッテリオのデザインによるインテリアが施された8席のプライベート ダイニングルームは、特別な日や少人数のディナーパーティーにご利用いただけます。庭園に隣接しているため、夏の間はフランス窓を開けて外の緑豊かな植物に触れることができます。室内にはラッカー仕上げの壁とヴィンテージ風の鏡があり、空間が明るく感じます。 ...

検索

what's on in Paris

An American in Paris - Shirley Jaffe at the Centre Pompidou
もっと読む
L’Aimable Cruauté - León Ferrari at the Centre Pompidou
もっと読む
In the Theatre of Emotions. At the Musée Marmottan, a Journey through the Soul of the West
もっと読む
Outside the Frame. Colours on the Run at the Fondation Louis Vuitton
もっと読む
At the Centre Pompidou, Germany in the 1920s, with August Sander and the New Objectivity Movement
もっと読む
The Poetic Vision of Jochen Lempert Enchants the Centre Pompidou
もっと読む