「ブルガリ お弁当プロジェクト」 新型コロナウイルスと闘う医療従事者へブルガリがお弁当を提供

「ブルガリ お弁当プロジェクト」 新型コロナウイルスと闘う医療従事者へブルガリがお弁当を提供
#Bvlgari
Luca_Walter_GreetingN_CGM_00

この度、ブルガリ ジャパンでは、その企業活動の一環として、自社のホテルズ&リゾーツ部門に属する ミシュランの星付きレストラン、イル・リストランテ ルカ・ファンティン(東京・銀座)のエグゼクティブシェフ ルカ・ファンティンによる栄養・衛生面にも配慮したイタリア料理で彩るお弁当を製造・配送までを行うことを 決定し、東京都内の感染症指定医療機関で日夜戦う医療従事者を対象に、4月22日(水)より無償提供を開始致しました。

今回のメニュー構成から実際の調理を担当した、イル・リストランテ ルカ・ファンティンの エグゼクティブシェフ ルカ・ファンティンは、「仕事の枠を超え、生命を守る最前線で戦う医療現場の皆さまの 多大なるご尽力に敬意を表します。この『ブルガリ お弁当プロジェクト』は、シンプルなイタリアンの メニューですが、私たちが常に大切にしている『季節』を感じて頂けるよう、栄養価も高い旬の食材を中心に メニューを構成しています。医療現場で働かれる多忙な皆さまに、少しでも、見た目と味で春という季節を 感じ、心が和むひとときをお届けできればと願っています」とコメントしました。

「医療従事者の方へお弁当を1個追加させていただく企画(5/9-17)」へご参加いただきました皆様へ、心より御礼申し上げます。ご支援ありがとうございました。