The Design

デザイン

ブルガリ ホテル北京は、細部にわたって完璧さがにじみ出て来るようなデザインです。イタリアのアントニオ・チッテリオ・パトリチャ・ヴィエル建築事務所が優れたビジョンを構想して施工を指揮したホテルは、屋内と屋外が通い合い、空間に合わせて調度品が念入りに選ばれている点で、一貫性と調和があります。

このホテルの美しさは、ブルガリ ホテルコレクションのオリジナル的ジュエリーと言えるブルガリ ホテル ミラノのスタイルに通じるものです。材質は最高のものであり、1930年代に草分け的な存在となった感受性を彷彿とさせるものです。

抑制しようとする建築と弛緩する空間の間で互いに作用し合う動きは厳格さと柔らかさの絶妙なバランスであり、手触り、材質、小さな対照を通じて一つの物語が語られます。

ライムストーン製のすっきりしたファサード、ブロンズ製の窓を持つブルガリ ホテル北京は、洗練された邸宅に似ています。インテリアは黒御影石、ホワイトのトラバーチン、大理石を使用した浴室や布をふんだんに使うブルガリの世界そのものです。客室は、ブルガリ コレクションにある映画『甘い生活』に象徴される時代のアイコニックな写真や、イタリアの有名デザイナーが手がけた家具で装飾されています。


ホテルでは何が起こっていますか

Bvlgari Symposia returns to Beijing and Shanghai

On 22th July and on 29th July, Bvlgari Symposia returns to Beijing and Shanghai for two exclusive evenings of cocktails and culture, hosted in partnership with ...

もっと読む