Unique contemporary luxury hotel in Paris

デザイン

他のブルガリ ホテルズ & リゾーツと同様、イタリアのアントニオ・チッテリオ・パトリチャ・ヴィエル建築設計事務所が設計したブルガリ ホテル パリは、妥協のない純粋さとイタリアのルネッサンス建築をさり気なく想起させる特徴が融合した洗練されたホテルであり、エレガントな建物が並ぶジョルジュ・サンク通りに、印象的な現代的な雰囲気を添えています。控えめな建物外側はブルガリのパレンテジ Parentesi コレクションのモチーフで装飾されています。ホテルのファサードを改装するプロジェクトは、ACPVがフランスのヴァロード&ピストル建築事務所とのコラボレーションで設計しました。

11階建てのパリ石 pierre de Paris 造りの地味なファサードを特徴とする外壁の中に、ブルガリ ホテル パリは他のブルガリ ホテルと同じカラーパレットとテクスチャを取り入れています。大理石、シルクの壁クロス、御影石、タペストリー、ニスで仕上げたユーカリの木細工により、デザイナー家具やアート作品にぴったりのキャンバスが創出されています。ローマのグラムールとローマのジュエラーの伝統が、ブルガリの「8ポイントスター」や金色のモザイクタイルをあしらったスパなど、共同スペースやプライベートスペースの至る所に現れています。イタリアの職人技の最高峰は、有名なフランスのインテリアデザイナー、ジャン・ミッシェル・フランクのスタイルに着想を得た、ラッカー塗り、羊皮紙、藁の象眼細工の作業をした、フランスの最高級の職人アトリエとのコラボレーションにより、一段と素晴らしいものに仕上がっています。


客室とスイートを詳しく見る

ジュニアスイート

広々とした52m² のスイートには、バスタブとウォークインシャワーがあるナヴォーナ トラバーチンの浴室と、独立したドレッシングルーム、化粧台があります。25室あるジュニアスイートからは、遮るもののないジョルジュ・サンク通りの眺めが広がり、そのままパリのトリアングル ...

検索
BulgariIIILivingRoom

ブルガリ スイート I および III

自然光がたっぷり入り、高級素材で装飾された広さ141m² の魅力的なスイートには、ブルガリならではのアメニティ、広々とした大理石の浴室、ハンマーム、キングサイズのベッド1台、広いウォークイン ドレッシングルームがあります。ジョルジュ・サンク通りを見下ろし、パリの屋根とエッフェル塔を一望できるブルガリ スイート I ...

検索

what's on in Paris

In the Theatre of the Belle Epoque. Boldini at the Petit Palais
もっと読む
At the Cinémathèque Française - Romy Schneider
もっと読む
Art or Furnishing? The Other Face of Impressionism Shows Itself at the Orangerie
もっと読む
At the Centre Pompidou, Germany in the 1920s, with August Sander and the New Objectivity Movement
もっと読む
Bertrand Lavier at the Bourse de Commerce
もっと読む
The Poetic Vision of Jochen Lempert Enchants the Centre Pompidou
もっと読む